◎「強制連行」「強制労働」という表現に関する閣議決定(21年4月27日)を検証する
その2:答弁書が使う「移入」という表現に表れる日本政府の「本音」

 2021年4月27日、日本政府は、「衆議院議員馬場伸幸君提出『強制連行』『強制労働』という表現に関する質問に対する答弁書」を閣議決定した。原文は以下のURLで閲覧できる。
 
衆議院ホームページより(第204回国会 98 「強制連行」「強制労働」という表現に関する質問主意書)
リンク https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/204098.htm
 
 「その1:この答弁書は『強制連行』を否定しているのか」に続き、答弁中に使われている、朝鮮人労働者の「移入」という表現について考えてみたい。答弁書は、以下の文章から始まっている。

御指摘のように朝鮮半島から内地に移入した人々の移入の経緯は様々であり、これらの人々について「強制連行された」若しくは「強制的に連行された」又は「連行された」と一括りに表現することは適当ではないと考えている。

 「移入」という言葉を使っている。「移入」とはどういう意味をもつ言葉だろうか。デジタル大辞泉で見ると、「移し入れること」「一国内で、ある土地から他の土地へ物を移し入れること」とある。
 
 通常、人について「移入する」という言い方はしない。にもかかわらず、前述のように朝鮮人について移入という語を使うのは、朝鮮人を人として尊重せず、単なる「モノ」と見なす姿勢の表れと言ってよい。
 
 実は、戦時期には日本帝国政府は「朝鮮人集団移入」といった用語を使っていた。答弁書が「移入」という単語を使ったのも、これに依拠したのかもしれない。だが、その語を21世紀に「人」に対して使うのは適切ではない。
 
 にもかかわらず、この答弁書では「移入」という、人に対しては「不適切」な単語を使っている。草案段階で疑問を呈する人も、政府内にはいなかったようだ。これでは「日本政府は朝鮮人労働者をモノ扱いしている」というメッセージを堂々と出してしまったことになる。
 
 繰り返しになるが、「移入」という言葉は「モノ」に使われる言葉であるから、「移入」される側の主体性や判断といったものは考慮されることはない。「移入」される朝鮮人に主体性が認められることはなく、あくまで動かされる客体に過ぎないということになる。
 
 日本帝国が本人の意思とは関係なく朝鮮人を動かして日本内地の事業所に配置した、ということを認めているようなものだ。労務動員で日本に連れて来られた朝鮮人について、「募集に応じただけ」「単なる出稼ぎ」と主張する人々がいるが、少なくともこの答弁書は、当時の朝鮮人は主体的な「出稼ぎ」ではなく、日本政府によって「モノ」のように「移入」されたのだと公言しているのである。
 
 今回の答弁書は、その言葉遣いによって日本政府が最低限の人権感覚すら持たないことを明らかにした。同時に日本政府が、朝鮮人の戦時労務動員が本人の意思とは無関係の「移入」だったことを「本音では」理解していることを、はしなくも示したものとも言えそうだ。

2021年5月2日)

 
 
about us

このサイトでは、「徴用工」問題=戦時強制動員問題をめぐる論議を、研究成果や判例などの「ファクト」に沿って、可能な限り交通整理してみるものです。私たちは、日本の言論空間に混じり散らばっている「言葉のガラクタ」を片付け、真摯な議論を始められる環境をつくりたいと考えています。

2018年10月の韓国大法院(最高裁)判決を受け、被告である日本企業の資産の「現金化」が、大きな注目を集めています。独り歩きしている「現金化」問題について、法的観点から整理してみましょう。

強制動員・強制労働を行った政府と企業が共に出資した基金を創設し、財団を通じて動員被害者に補償を行う――そうしたかたちで解決を実現したのが、第2次世界大戦時に日本の同盟国であったドイツです。

日本のメディアの中では、大法院の元徴用工勝訴判決は文在寅政権が出させたものだ、という説が広がっています。しかし、この「文在寅による判決」説には、相当な無理があります。荒唐無稽と言ってもよいかもしれません。

最新の研究では、労務動員のあり方は日本人と朝鮮人では大きく異なることが分かっています。朝鮮人の動員と、日本人の動員のどこが異なるのかを確認していきましょう。

2019年7月、韓国で『反日種族主義』という本が刊行され、話題になりました。同年11月には日本でも翻訳本が出て、出版社によれば2020年1月時点で40万部が売れているそうです。

2021年4月27日、日本政府が閣議決定した「衆議院議員馬場伸幸君提出『強制連行』『強制労働』という表現に関する質問に対する答弁書」を検証します。